下地は大事



パレットはつぎの絵の下地だ。
色が混じっている。絵具のかたまりが隆起している。ガサガサしている。
パレットの木地が絵具でうまってきたら、道具としての仕事を終えて、絵になることに移る。下地がもたらすちょっとした響きは、描きあがり間近においそれとつくりだせるものではない。
町田康氏著作「夫婦茶碗」を久々に読み返したら、そこにもやはり下地の大切さが綴られておりました。同感。

2017.04.04