橙書店


橙書店での原画展は12月25日まで。https://zakkacafe-orange.com/
数日在店してきました
冬の熊本は想像以上に寒くって、最初は風邪寸前だったけれど、橙書店でどんどん体があったまった。
毎日、え!あ!わ!うそ!みたいな出会いばかり。
ひとつひとつ一冊一冊ひとりひとり毎分毎秒一言一言、見つめてきた全部が宝物。
会話、珈琲、窓辺の冬色、枯葉、新刊本のエネルギー、橙色とかも。
橙書店で膨らました自由の風船がわたしの手にはたくさん握られていた。
店主の田尻久子さんに出会えてよかった。
最後バスまで見送ってくれた時、ぎゅっとハグして、久子さんの右手を握ったりさすったりした。
何を言ったか忘れたけど、とにかく「ありがとうありがとう」と伝えたような気がする。

過去の血を知っているノビノビしたクスノキにも伊藤比呂美さんが出会わせてくれた。
優しい木だった。
だけど、地上に盛り上がる根が、人が這いつくばる形に見えたことも忘れない。

細川亜衣ちゃんと食事を2回した。
わたしは亜衣ちゃんの料理を誰よりも美味しく食べる自信がある笑。
亜衣ちゃんがさわる野菜ってなんであんなに水の道を感じるんだろう?
亜衣ちゃんが食卓に運ぶ色もドキドキする。

熊本の湧水もびっくりするくらい飲んだ。
お腹たぷんたぷん。
芭蕉の苞っていうやつを器にして坂口恭平くんとガブガブ掬って飲んだ。
そうしたら一瞬で、おでこの眼もお腹の景色もパッカーンと開いた。
それからはもう水と景色と時間がわたしを連れて、混沌へ逆戻り、連れてってくれた。
すっごい時間だった。
あのまま芭蕉に囲まれた小さい水の中で寝てしまいたかった。
お腹の中が水源になったから、その晩も翌朝もご飯食べなかった。
それがとっても成功したみたいで、わたしの腹中に広がる土壌が潤って喜んだ。

久子さんは熱源。わたしのお腹の中は水源。
どっちも行ったり来たりしてるうちに、幸福になった。

スイッチ・パブリッシングの新井敏記さんがつけてくださった画集のタイトル「TRAVELOGUE」は新井さんからの旅切符みたいです。

旅行記は景色と人の色でぐんぐんカラフルに。

本を一冊作る、世に出す、みなさんの手に渡るってすごいことだと、はじめて実感がはじまりました。

原画展、九州からスタートし、北上していく予定です。

2022.12.6




「TRAVELOGUE G」原画展 橙書店 12/1 〜 12/25

 


2022年11月30日に「TRAVELOGUE G」が刊行となりました。

2022年11月30日は、355回目のジョナサン・スウィフトの誕生日。


原画展も始まります。

「本」それ自身の「TRAVELOGUE」も始まっていくと思うとわくわくします。


スタートは橙書店からです。

ずーっとお会いしたかった田尻久子さん。

橙書店での原画展のテーマは「思考」。

観ていただく方に投げかける言葉も展示しています。


12月1日(木)ー12月25日(日)

CLOSE 第3月曜・毎週火曜・12月9日(金)


橙書店

熊本市中央区練兵町54 松田ビル2F

https://zakkacafe-orange.com/


humoresque 「冬の草原」

 


humoresqueのお洋服の展覧会のためにグァッシュ画を2作品描きました。

設営してみて、わあ、と思いました。

humoresqueのお洋服をハンガーから手にとって、纏って、それから絵の景色の中に出かけていく、みたいな物語が始まりそうに思えたからです。

デザイナーの渡辺由夏さんのおもい、ぜひ展覧会に出かけて触れてみてください

humoresque

「冬の草原」

2022年11月28日(月)~12月5日(月)

11:00~19:00 (12月は~20:00)


spiral
東京都港区南青山5-6-23


humoresque

https://www.humoresque.jp/

https://www.instagram.com/humoresque.humoresque/


『TRAVELOGUE G』

 


朝日新聞金曜夕刊に2年弱連載された柴田元幸さん新訳「ガリバー旅行記」に描いた絵を集めた画集が11月30日にスイッチパブリッシングから刊行されます。新規描き下ろしも足し、たっぷりのボリュームになりました。


飛び上がるほど嬉しいです。


300年生き続ける一流風刺小説に絵で向かっていくことは、刺激的でした。

放っておいたら私はきっとまだまだ描けますが、柴田さんの生まれたて新訳だからこそ描けた挿絵の数々を綴じました。


本当に多くの素晴らしい眼差しの方々にお世話になりました。

この本を開くたびに皆さんのことを思います。


限定特装版も作らせていただきました。

オリジナル銅版画作品が特典です。(タダジュンさんとさかたきよこさんに師事!)


世界のガリバー史に、小さくでも隕石落とせますように、と大きなことを言ってみます。


先行予約はこちらから

https://www.switch-store.net/SHOP/BO0113.html


2022.11.21


「パセリカレーの立ち話」

「パセリカレーの立ち話」(プレジデント社)

著 平松洋子さん

ブックデザイン 若山嘉代子さん

編集 渡辺菜々緒さん


https://presidentstore.jp/category/BOOKS/005205.html


カバー画や挿絵を描きました。爽やかパセリ香る色。

2022.11.15

「待つ景色」Gallery SU 11/12 〜 11/27

 


展覧会をします。

「待つ景色」

2022年11月12日(土)~11月27日(日)

13:00~18:00 (火定休)

在廊日 12(土)13(日)

Gallery SU
東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室
最寄り駅 六本木一丁目駅2番出口、麻布十番駅6番出口、六本木駅3番出口


----------------


一昨年の「待つ雲」に続き、今展のテーマは「待つ景色」です。

「体内に存在する景色を抽出したい」という願望に突き動かされるように描いてきた10年を経た、現在。

「今度はそこを開拓したくなってきました」と、平松さんは語ります。

描いても描いても、その先にあって、たどり着くのを待っている景色。

そこに向かって進んでいくこれからの10年の序章を、ぜひご高覧下さい。


「種のケーキ」273×273mmキャンバスに油彩 アトリエにて撮影

POPEYE「本と映画の終わらない話。」

井出幸亮さんの10年にわたる連載「本と映画のはなし」がムックになり、再掲していただきました。井出さんとのお話時間はいつもハッとするので好きです。

https://magazineworld.jp/books/paper/5568/

2022.10.31

MONKEY vol.28「老いの一ダース」


ブックインブックで初絵本を綴じていただきとても嬉しかったです。

タイトルは「絵描きの老人と絵描きの青年」です。

MONKEY vol.28(スイッチパブリッシング)

https://www.switch-store.net/SHOP/MO0028.html

2022.10.15

「ガリバー旅行記」


「ガリバー旅行記」(朝日新聞出版)

著 ジョナサン・スウィフト

訳 柴田元幸さん

ブックデザイン 田中久子さん

編集 矢坂美紀子さん


https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23806


朝日新聞夕刊にて連載されていた柴田元幸さん新訳の「ガリバー旅行記」(朝日新聞出版)の単行本が刊行されました。

カバー画描き下ろし+カラー口絵付きです。

改めて、初版刊行から300年経つ今人間は変わったのか変わっていないのか?と思います。


連載当時から単行本化に至るまで、文学作品に絵で向かっていくのは本当に刺激的でした。


2022.10.7

& Premium.jp 極私的・偏愛映画論

 大人がテーマで映画セレクト+寄稿しました。

https://andpremium.jp/article/old-joy/

「WANDA」がとにかく好きになりましたが、ケリー・ライカートもバーバラ・ローデンを敬愛しているようです。

2022.09.25